image_pagetop
Rough Dry Skin
肌荒れを引き起こしやすいクセについて
肌荒れの原因として、栄養バランスの偏っている食生活やストレスによるホルモンバランスの乱れ、
睡眠不足、肌に合わない化粧品の使用など肌荒れの原因は様々です。
しかし、肌荒れの原因を改善してもなかなか治らないという人もいるのではないでしょうか
。 そこで、肌荒れを起こしやすいクセについてご説明させていただきます。

肌への過剰な刺激



・洗顔の際に顔をこする
汚れを落としきろうと思って、ゴシゴシと顔をこすりながら洗顔をしていたり、洗顔後にタオルで顔をこすったりしていませんか?
肌への刺激はトラブルの元なので、しっかり泡立てやさしく丁寧に洗うようにしましょう。
また、洗顔剤の洗い残しも肌荒れにつながりますので、十分に洗い流すようにすることもポイントです。

・シャワーで顔を洗う
シャワーの水圧は肌に刺激が強いので肌が垂れ下がってしまう可能性があります。
また、顔を洗う時には30度強のぬるま湯がベストなので、高温のシャワーはとくに避けるようにしましょう。

・よく顔を触る
頬杖をついたり、顔を頻繁に触ってしまうという人も多いのではないでしょうか。
手には雑菌がたくさんいますので、その手で顔を触っていると雑菌が移って肌荒れを引き起こしてしまいます。

身の回りの物が汚れてしまっている



・ブラシなどのメイク道具を洗わない
肌に直接触れるファンデーションやアイシャドウのスポンジ・チップ・ブラシなどを購入した時から一切洗っていないという人もいるのではないでしょうか。
皮脂や油分などが付着しているため、雑菌の宝庫となっています。

・枕カバーを頻繁に洗わない
眠っている時に枕に顔をつけている人は多いものです。
枕には頭皮の汚れ、ハウスダスト、汗など様々な汚れが付着しているものなので、頻繁に枕カバーを洗い清潔に保ちましょう。
肌荒れで悩んでいる方は、このようなクセを改善することから始めてみてはいかがでしょうか。
くれえるでは、肌荒れなどが起きやすいデリケートな肌の方にもおすすめの自然派化粧品を多数取り扱っていますので、クセを改善して保湿クリームなどでうるおいをプラスすると健康的な肌に変わっていきます。