image_pagetop
Moisture retention Care
正しい保湿ケアについて
多くの女性が悩まされているトラブル肌と言えば、やはり乾燥肌ではないでしょうか。
特に空気の湿度が下がると肌の角層から水分が蒸発しやすくなり、肌が乾燥してしまいます。
みなさんの中に肌の乾燥を防ぐには、化粧水をたっぷり付けて、乳液でフタをする、と思っていませんか?
実はその考え方は古い考えです。正しい保湿ケアを行って、乾燥肌を防ぎましょう。

間違った保湿ケア

間違った保湿ケアは、先述した「たっぷりの化粧水」「乳液でフタ」という考え方です。
化粧水の成分の多くは水で、肌に浸透する前に空気中に蒸発してしまいますので、保湿としての効果はあまり高くありません。逆に、何度も化粧水を付けていると乾燥を招く原因になってしまいます。
また、化粧水をシートマスクに染み込ませてパックをする方もいます。
じっくりと化粧水が肌に染み込んでいるような感じがするかも知れませんが、結局は水分なのでほとんどが蒸発してしまいます。
乳液の油分でフタをするという方もいますが、油分の水分保持力も高くありません。そのため、乳液を付けても結局水分は蒸発してしまいます。
オイルやクリームも同様にフタにならないので、たっぷり付けても肌がべたつく結果になるだけで意味がありません。

正しい保湿ケアとは

表面から与えた水分にフタをすることは難しいので、保湿効果を上げるためには、水分を蓄える働きをする保湿成分を与えることが大切です。
肌は自分で保湿物質を作って角層に水分を貯める力があります。この力が保持できれば肌は乾燥しません。
保湿力の高い成分は、セラミドやヒアルロン酸などが挙げられます。
中でもセラミドは水分を挟み込んでキープする力が高い成分です。湿度が下がっても水分をキープするので、もっとも高い保湿力を持っています。
ヒアルロン酸は真皮にあるゼリー状の物質のことで、乾燥肌だけでなく様々なトラブル肌の方におすすめです。
これらの成分は美容液に入っていることが多いのですが、スキンケア化粧品を購入する時には、これらの成分が含まれているかを確認して選びましょう。