image_pagetop
education
素肌が美しいと明るく優しくなれる。
美しい素肌を育むのはあなた自身です。くれえるにできることは、あなた自身の美しくあろうとする力を助けることです。すべての人は美しくあろうとする自然な力を持っています。美しさと健やかさを保つため、大切な素肌の生理機能を整えます。
私たちが考える美しい素肌

表面がなめらかで、うるおいがあり血色がよく、触ると柔らかくハリ、弾力に富んでいる。
素肌は毎日生まれ変わっています。肌の生まれ変わりがうまくいっているといつも生まれたての美しく健康な赤ちゃんのような素肌に。そのためには、乾燥や刺激などの刺激による肌荒れや炎症を防ぎ。皮膚生理を整えることです。
大切なことは、素肌の保水機能と肌のバリア機能を大切にし、刺激に負けない肌を作ることです。
そうすると、肌は健康で美しく輝き続けます。
素肌の機能について

美しさ、健やかさの基準となる肌の一番外側が厚さおよそ0.02mm の角質層です。
身体の水分の喪失を防ぎ肌を柔らかく保つ「保水機能」と、身体を乾燥や、細菌、紫外線などの刺激から肌をも守る「バリア機能」を持っています。
角質層は、角質細胞が細胞間脂質につなぎ止められ重なりあって構成されています。角質細胞にはNMFという(天然保湿因子)が含まれ、皮膚内部の水分をしっかり保持しています。一方、角質間脂質は水分の喪失をしっかり防いでいます。
角質層が規則的に整っている肌は、うるおいがあり滑らかで、外からの刺激に強く、肌自らが美しく生まれ変わってゆくのです。
素肌美を育むためには、肌に負担をかけることなくうるおいを補給し、バリア機能を一定に保つことが重要です。
内面を映し出す肌

肌表面の角質層は薄い角質細胞が重なってできています。
そのためひっぱる、こするなどの横のチカラにはあまり強くありません。
ですから私たちは指腹パッティング美容法をおすすめします。
お顔の薄い肌表面と複雑な表情筋を乱すことなく、美容成分がお顔にのびて優しく肌を活性化します。