image_pagetop
Atopy
アトピーの原因について

アトピーの原因は、様々ありますが大きな要因といわれるものをご紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。また普段から生活面や食事の面でも、気を配ることが大切です。


アトピーの化粧品

食事

偏った食生活はアトピーになる原因の1つでもあります。インスタント食品やスナック菓子などの食べ過ぎ、野菜不足には気をつけるようにしましょう。インスタント食品には人工的な添加物や品質保持剤、着色料などが使用されており、摂りすぎてしまうと体質も肌質も悪化してしまいます。

また個人によって体質などは変わり、アレルゲンになる食べ物も人それぞれです。検査をして自分にとって合わない食材などを把握しておくことをおすすめします。そして皮膚の健康維持のためにはビタミン各種やミネラル、基礎体力を強めるためにタンパク質や鉄分などの多くの栄養成分が必要となります。

肌の乾燥

皮膚が乾燥することによって痒みが生じます。痒みを感じると掻いてしまう方も多いと思いますが、掻けば掻くほど痒みが生じてアトピーを悪化させます。乾燥を放っておくと角質層に隙間ができてしまいます。そうなると水分が失われやすくなり、アレルゲン物質の花粉や化学物質などの侵入を防ぐことができなくなって炎症してしまいます。炎症は侵入してきたアレルゲン物質を免疫細胞が攻撃することで出る症状です。肌の乾燥は悪化に繋がりますので、保湿クリームなどを使用して乾燥を防ぐことが大切です。

遺伝

アトピーは遺伝します。しかし絶対に遺伝する訳ではなく、両親の片方がアトピーの場合は生まれる子供に30%の確率で遺伝するといわれ、両親ともアトピーの場合は70%の確率でアトピーになるといわれています。特に妊娠中に偏った食生活をするとアトピー体質で生まれてくる可能性があり、母乳からもアレルゲンが移動する可能性もありますので、お母さんは食事に気を配る必要があります。

これらのトラブル肌の原因に気をつけることで、美容だけでなく健康維持にもなります。そして化粧品もご自分に合ったものを選ぶことが大切です。化粧水やクリームなどのスキンケア化粧品を販売している人気のくれえるでは、扱う化粧品は低アレルギー性で低刺激性となっておりますので安心してご利用頂けます。